パートナーホーム株式会社 名古屋・愛知・岐阜・三重の外構・エクステリアデザイン・リフォーム・太陽光

パートナーホーム株式会社 名古屋・愛知・岐阜・三重の外構・エクステリアデザイン・リフォーム・太陽光

パートナーホーム株式会社 名古屋・愛知・岐阜・三重の外構・エクステリアデザイン・リフォーム・太陽光

パートナーホーム 名古屋・愛知・岐阜・三重の外構・エクステリアデザイン・リフォーム・太陽光

パートナーホーム株式会社 名古屋・愛知・岐阜・三重の外構・エクステリアデザイン・リフォーム・太陽光

愛知県小牧市K様邸外構エクステリア工事完成いたしました。partnerhome nagoya

小牧市にて外構エクステリア

リフォーム工事完成いたしました。

 

愛知県小牧市にてK様邸の外構エクステリア工事が完成いたしました。

今回の外構エクステリアデザインは、敷地への道路幅が狭く敷地内は非常に広いことを

考え、門塀の位置を奥側に設定し駐車エリアも4台が止められるように確保しています。

お客様は住宅建築後、外構工事を行っていなかったこともあり、土の流出が非常に

目立ち、でこぼこが目立つ状態でしたが、土間コンクリートなどの新設などで

とても美しくがいこうりふぉーむこうじができたと

 

住宅のデザインカラーはグレー系がメインとなっていることもある為、門塀などは

ホワイトカラーをメインカラーとし、入り口はとても明るいイメージで創り上げました。

 

玄関から門までのアプローチラインも門に合わせてホワイトを基調にセレクトし

門の前側部分にはユニソンのクレモナストーン(石貼り)クオーツブラックを採用し

住宅のカラーと門のホワイトカラーへのアクセントとしてブラックをセレクト致しました。

 

駐車エリアには水道設備が無かったため、門塀の前に立水栓 ユニソンスプレスタンド

蛇口二つタイプを採用し大切な車を洗ったりすることも容易に行えるように設置しました。

 

夜間はほとんど照明が無く、駐車エリアが暗いことも考えガーデンライト(タカショー)

を使用し、大きな白い塀を照らすことによる間接照明で淡く光るエリアを作ることが

できたと思います。

パートナーホーム株式会社 担当若林

gaikou exterior は、色の使い方次第で高級感やおしゃれなものまで表現できるので、一家りとしたコンセプトでプラン作成が重要となります。

外構エクステリア工事完成写真 門塀正面を斜めからの写真となります。
住宅デザインが直線的なデザインのため、駐車エリアや塀なども直線を意識した
デザインで統一させ、アクセントとしてユニソン製の石材を乱貼りで柔らかく表現。
カラーはクオーツブラックの色で引き締めさせていただきました。
exterior partnerhome nagoya photo

土間コンクリートは枠組み工事を行うことによってコンクリートのクラックを防ぐ効果がありスリットを作ることによって水はけのよいコンクリートが完成いたします。

外構エクステリア工事完成写真 愛知県小牧市撮影 
外構エクステリア全体写真となります。土間コンクリートを駐車4台分で作成いたしました。

嘉瀬様邸2-1

 

外構エクステリアのCADデータを作る人、工事は別の者が担当するのが一般的となりますが、デザイナーと工事管理を同じものが行うことにより、提案内容と工事完成内容の品質が高次元にて作成できるようにしているのもパートナーホーム株式会社の強みともいえます。

CADDATAとなります。
私たちの強みは、デザイナー担当がしっかりと工事を管理しているため
CADデータの工事前の形状をできるだけ完成の内容と狂いが生じないように管理を徹底しています。
パートナーホーム株式会社名古屋店

タカショーのガーデンライトを使用しています。外構エクステリアのCADデザインは契約を決める最大のポイントのため、どれだけ素晴らしいデザインであっても工事が下手だと水の泡にもなりかねませんので工事技術も重要なポイントといえるでしょう。

CADデータ2枚目
非常に広い駐車エリアという事もあり、照明が無いことによって暗さが気にかかることを提案し、門塀を照らすガーデンライトを設置することによって壁を照らした淡い間接照明で駐車エリアのエンドラインを見やすくしています。

 

LIXIL新型タイルデッキは施工がしやすくサイズ調整も簡単なためこれからどんどん販売が増えることが予想されます。

リクシルの新型タイルデッキを採用いたしました。
ウッドデッキではリクシルの樹ら楽などがとても使用されていることが多いのですが
最近ではタイルデッキを採用する方も多くなっています。
タイルデッキはとても素敵ですが、住宅基礎にコンクリートが直接触れるため
高さの調整はしっかりと行わないと建物内の通気ができなくなったりする場合もあるので
しっかりと、打ち合わせが必要だと思います。
今回のリクシル 新型タイルデッキはウッドデッキ同様加工がしやすいこともあり
住宅基礎に直接触れないようにもできるため今回は採用となりました。
カラーはホワイトを採用いたしました。

LIXIL新型タイルデッキは加工が簡単

LIXIL新型タイルデッキ 左側からの撮影

外構エクステリア門まわりを撮影いたしました。
外構エクステリアのリフォーム工事も美しくし仕上がったと思います。
今回の工事で毎日が明るく過ごすことができるきっかけになったとしたら本当にうれしく思います。
パートナーホーム株式会社名古屋 担当若林

cad1